ピルの値段

アフターピル(緊急避妊薬)の種類と値段

アフターピルは「モーニングアフターピル」とも呼ばれます。この2つは全く同じものです。アフターピルはモーニングアフターピルの他に「緊急避妊薬」とも呼ばれます。ここでは@通販で購入できるアフターピルの種類と値段をご紹介します。

アフターピル(緊急避妊薬)とは?

アフターピル(緊急避妊薬)は経口避妊薬(低用量ピル)のように継続的に服用するものではなく、性行為後の決まった時間内(通常は72時間以内)に妊娠を回避するために単発で服用するものです。服用が早ければ早いほど避妊の確率が上がります。

性行為の途中でコンドームが破れてしまった、避妊対策をしないで性行為を行ってしまった、失敗はしていないけど心配、というような場合によく利用されます。

アフターピルの副作用は?

アフターピルは大量の女性ホルモンを一度に摂取することによって妊娠を回避するので、体にかかる負担がどうしても大きくなります。そのため、吐き気や頭痛、嘔吐などの副作用が大きく、服用後吐かないように気をつけなければなりません。

もし吐いてしまった場合は、服用後何時間以内に吐いたかによって再度飲む必要があります。1時間以上たってから吐いたのなら問題ありませんが、1時間以内に吐いてしまった場合はもう1錠服用する必要があります。

病院で再度処方してもらおうと思うと受診のために時間がかかり、時間の経過と共に避妊の確率が下がるのが大きな問題です。

アフターピルは通販で一度に複数買うのがおすすめ

1時間以内に吐いてしまったからすぐにまた飲みたい!と思っても、手持ちのアフターピルがなければ飲むことはできません。アフターピルは1箱に1錠しか入っていないので、通販サイトから一度に複数購入することをおすすめします。

通販なら病院のように待ち時間は必要なく、前もって購入することが可能なので、常備薬としてお守りのように利用する女性が増えています。

ノルレボ

ノルレボのパッケージとシート(表側)

参考:ノルレボ|あすか製薬株式会社

ノルレボは2010年に日本で初めて承認されたアフターピル(緊急避妊薬)です。レボノルゲストレルという成分を含んでおり、世界保健機構(WHO)によって緊急避妊のための必須医薬品(エッセンシャルドラッグ)に指定されています。

ノルレボは国内外ともに多くの臨床実験が行われており、有効性と安全性は世界的に認められています。国際的にもスタンダードなアフターピルです。

関連:

アイピル(ノルレボのジェネリック)

アイピル(ノルレボのジェネリック)

ノルレボと同じ成分を含むノルレボのジェネリックは、同等の効能・安全性・品質を保ちながらも値段はノルレボより安価となっています。

アイピルはノルレボのジェネリック(後発医薬品)で、数あるアフターピル(緊急避妊薬)の中でも国際的に広く人気があります。避妊対策に失敗した場合、性行為後72時間以内に服用することで避妊効果が得られます。服用が早ければ早いほど避妊の確率が上がります。

アイピルは基本的に1回だけ服用するタイプのピルで、大量の黄体ホルモンを一度に摂取します。そのため体への負担も重く、吐き気や頭痛などの副作用が現れることがあります。アイピルを吐いてしまうのではと心配な方は、酔い止めを一緒に飲むと良いでしょう。飲み合わせなどの問題はありません。

関連:

その他のノルレボのジェネリック

ノルレボには、アイピル以外にもジェネリックがあります。同じジェネリックでも効き目が微妙に違うので、異なる種類を試して自分に合ったものを見つけるのが良いでしょう。

@通販ではノルレボのジェネリックとして、アンウォンテッド72、シー72、ノーフェア72が販売されています。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72(ノルレボのジェネリック)

アンウォンテッド72です。

シー72

シー72(ノルレボのジェネリック)

シー72です。

ノーフェア72

ノーフェア72(ノルレボのジェネリック)

ノーフェア72です。

関連: