【詳しく解説】アフターピルの購入には「医薬品アットデパート」が便利です

アフターピルが購入できるサイトはたくさんありますが、サイトによって価格や購入までの早さ、手間が大きく違います。また、一部の運営がいい加減なサイトでは荷物の紛失や破損、ひどいところでは料金を受け取ったのに商品を送らないなどもあります。

そういったトラブルに巻き込まれないためにもサイト選びは非常に大事なのですが、まず先に結論から言いますと、

当サイトでは「医薬品アットデパート」での購入を推奨しています。

ここでは、「医薬品アットデパート」がなぜアフターピルの購入に適しているかを解説しています。

アフターピルは急に必要になることがあるため、常備しておくことをおすすめします。

医薬品アットデパートってどんなサイト?

医薬品の通販(個人輸入代行)サイト

医薬品を通販で購入するためには、海外からの個人輸入という形を取る必要があるのですが、個人輸入代行サイトはその手続きをあなたの代わりにしてくれるサイトのことです。

医薬品アットデパートは、海外の医薬品通販サイトでの商品購入の面倒な手続き(支払い、配送手配など)をすべて代行してくれます。

運営会社は海外(香港)だけど、すべて日本人が対応

運営会社の所在地は海外(香港)ですが、サポートスタッフはすべて日本人ですので、下手な日本語で何を言っているかわからない…といった事はありません。


国際金融都市、香港の中心地にあります

電話注文ができるので、細かい要望も聞いてもらえる

電話注文も可能なので、「インターネットでの注文がよくわからない」という方にも安心です。

決済手段が豊富(銀行振込・郵便振替・クレジットカード・電子マネー)

他の医薬品通販サイトでは、銀行振込だけ、クレジットカードはJCBだけ、というサイトも多くて非常に不便なのですが、医薬品アットデパートではほぼ全ての決済手段が利用可能です。

  • 銀行振込
  • クレジットカード(VISA・Master・JCB・Amex)
  • コンビニ決済
  • 郵便振替
  • ビットキャッシュ(電子マネー)

購入した商品を秘密にできる

購入した商品は内容物の書かれていない通常のダンボールで届きます。また、郵便局預かり(局留め)も可能なので、なにを購入したか家族に知られたくない場合などに大変便利です。

医薬品アットデパートで販売しているアフターピル

アフターピルを使った緊急避妊法法にはヤッペ法とノルレボ法があり、それぞれ使用する薬が違います。医薬品アットデパートではどちらのアフターピルも販売しています。

ノルレボ法で使うアフターピル

ノルレボというアフターピルを使った緊急避妊方法です。副作用もほとんどなく、おすすめの方法です。

医薬品アットデパートでは、ノルレボのジェネリックを複数取り扱っています。それぞれ効き目に違いはないので、在庫切れの場合は他のいずれかを購入すれば問題ありません。

ヤッペ法で使うアフターピル

ヤッペ法は、中容量ピルを使った緊急避妊法法です。低容量ピルを複数飲むことで代用が可能なので、普段使っている低用量ピルを緊急的に使えることがメリットですが、ノルレボ法より副作用は出やすくなります。

海外にしかない高性能なアフターピル

海外では従来のものよりも避妊できる時間が長いアフターピルがあります。これらはアメリカなどでは承認されていますが、日本では未承認のため通販でしか購入できません。

  • エラ(150時間以内の服用で避妊が可能)

医薬品アットデパートでアフターピルを購入すると

まとめ買いをするとかなりの割引(最大35%OFF)

医薬品アットデパートでは、ほとんどの商品にまとめ買い割引があます。例えばアイピルを7箱セットで購入すると約35%OFFで購入が可能です。

発送から到着までは購入後5~7日程度

シンガポールからの発送で、購入後5~7日程度で到着

商品は国際貿易都市シンガポールから発送され、5~7日程度で到着します。

荷物の追跡も可能

追跡番号付きなので、日本郵便の追跡サービスで荷物がどこまで来ているかを確認することが可能です。

郵便局留めもOK

自宅を留守にすることが多い、家族に知られたくないという場合は郵便局留めも可能です。

 プライバシーに配慮された配送

商品はプライバシーに配慮され、以下のような状態で届きます。

  • 梱包箱にサイト名は記載されない
  • 梱包箱の中身は見えない
  • 日本語は宛先の住所と氏名のみ

7000円以上で送料が無料に

購入価格が7000円以上の場合は送料が無料になります。

他にも女性に嬉しい医薬品がたくさん

医薬品アットデパートでは、アフターピルの他にも女性向けの医薬品を多数販売しています。

購入金額が送料が無料になる7000円に満たない場合は、これらのお薬を一緒に購入して価格を調整するのをおすすめします。

医薬品アットデパート
アフターピルの商品一覧