ピルの値段

ピルのジェネリックの種類と値段

ピルには多くのジェネリック(後発医薬品)があります。ジェネリックとは先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に、同じ成分を使用して作られた医薬品を指します。新しい成分の開発費や時間が節約でき、特許料を支払う必要もないので、先発医薬品より製造コストが抑えられ、安い値段で販売することが可能になります。

ジェネリックは効果が低いのではないかと心配な方もいるかもしれませんが、ジェネリックを承認する際には先発医薬品と同等の品質・有効性・安全性があるかを確認する必要があります。ですから、同等の効果が得られないものはジェネリックとは呼ばれません。

ここでは経口避妊薬とアフターピル(緊急避妊薬)のジェネリックの種類と値段をご紹介します。

経口避妊薬のジェネリック

経口避妊薬のジェネリックとして、ノベロン(マーベロンのジェネリック)やフェミロン(マーシロンのジェネリック)などが挙げられます。

ノベロン(マーベロンのジェネリック)

ノベロン(マーベロンのジェネリック)のパッケージ

マーベロンは日本の産婦人科の病院やクリニックでよく処方されている低用量ピルです。ノベロンはマーベロンのジェネリックで、第三世代の一相性ピルになります。第三世代のピルはアンドロゲン作用(男性化の症状)が出にくくなっているので、肌の皮脂が増加してニキビができたり食欲が増えて太るなどの心配がありません。

ノベロンは一相性のピルなので、実薬の成分量が21日間一定になっています。飲む順番を間違えても影響はないので飲み間違いの心配がありません。21日間服用し7日間休薬する、という28日間が1クールになっています。

関連:

フェミロン(マーシロンのジェネリック)

フェミロン(マーシロンのジェネリック)のパッケージ

フェミロンはマーシロンのジェネリックで、第3.5世代の一相性ピルです。卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの含有量が0.02mgと非常に少なく、日本人の小柄な体型に合うように調整されています。超低用量ピルに当たるので、頭痛や吐き気などの副作用が非常に少なく抑えられています。

フェミロンは一相性のピルなので、どの実薬も成分量は同じになっています。どの順番で飲んでも構わないので、飲み間違いの心配が避けられます。1日1錠を21日間服用して、その後7日間休薬するという28日間が1クールとなっています。

関連:

先発医薬品との値段の違いは?

病院で処方してもらった場合、マーベロンの価格は1箱あたり2,500円~4,000円ほどです。それに対してマーベロンのジェネリックであるノベロンは、@通販で1箱1,880円です。

7箱まとめ買いにすると1箱あたり1,228円になるので、病院のマーベロンと比べて最大で4,000-1,228=2,772円ほどもお得になります。つまり、最大で病院の先発医薬品の値段の3分の1以下になるということです。

これは薬代だけの話ですが、病院ではこれに加えて診察費(初診料、再診料、処方料、検査料など)もかかります。すると病院で購入する先発医薬品と通販サイトで購入するジェネリックとの間には、更に大きな値段差が生まれます。

アフターピル(緊急避妊薬)のジェネリック

アフターピルのジェネリックには、ノルレボのジェネリックであるアイピル、アンウォンテッド72、シー72、ノーフェア72などがあります。

先発薬のノルレボは2010年に日本で初めて承認されたアフターピル(緊急避妊薬)で、レボノルゲストレルという成分を含んでいます。世界保健機構(WHO)はノルレボを緊急避妊のための必須医薬品(エッセンシャルドラッグ)に指定しているほどで、ノルレボの有効性と安全性は国際的に認められています。

関連:

ノルレボは性行為後72時間以内に服用することで、高い避妊効果を得られるとされています。ノルレボと同じ成分を含むノルレボのジェネリックは、同等の効果を得られながらも値段はノルレボより安価となっています。

@通販ではノルレボのジェネリックとして、アイピル、アンウォンテッド72、シー72、ノーフェア72が販売されています。

アイピル

アイピル(ノルレボのジェネリック)のパッケージ

アイピルはノルレボのジェネリックの中でも、国際的に広く人気のあるアフターピルです。ノルレボは値段が高く、手軽に利用することができないのが欠点でしたが、ノルレボより値段が安いアイピルのおかげで、多くの女性が緊急避妊を手軽に行えるようになりました。

アイピルは性行為後72時間以内に服用すると避妊効果が得られるとされていますが、早く服用すればするほど避妊の確率が上がります。

アイピルは経口避妊薬(低用量ピル)とは違い、1回だけ服用するタイプのアフターピルです。一度に大量の黄体ホルモンを摂取することで妊娠を回避するので、その分副作用が大きく現れる可能性があります。

アイピルを服用後1時間以内に吐いてしまった場合は、もう1錠飲む必要があります。吐いてしまうことが心配な場合は、酔い止めを一緒に服用することをおすすめします。飲み合わせなどの問題はありません。

関連:

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72(ノルレボのジェネリック)のパッケージ

アンウォンテッド72もアイピルと同様にノルレボのジェネリックです。製薬会社はマンカインドファーマになります。ノルレボと成分が同じですので、効能も同じになります。

シー72

シー72(ノルレボのジェネリック)のパッケージ

シー72もアイピルと同様にノルレボのジェネリックです。製薬会社はキュアマックスになります。ノルレボと成分が同じですので、効能も同じになります。

ノーフェア72

ノーフェア72(ノルレボのジェネリック)のパッケージ

ノーフェア72もアイピルと同様にノルレボのジェネリックです。製薬会社はユーロバイオテックになります。ノルレボと成分が同じですので、効能も同じになります。

先発医薬品との値段の違いは?

ノルレボは病院で処方してもらうと1錠だけで12,000円~16,000円ほどかかります。それに加えて診察費もかかるので、2万円以上になると言えます。

上記のノルレボのジェネリックの値段を見るとよくわかりますが、1箱(1錠)でたったの1,500円前後です。7箱などのまとめ買いをすれば1箱(1錠)が1,000円前後とさらに安価になります。アフターピルは、先発薬とジェネリックでは特に大きな値段の差があります。

購入は通販がおすすめです

ジェネリック(後発医薬品)は先発医薬品より安価ですが、病院では処方されていなかったり、処方されていても高額であったりします。病院では薬代の他に初診料、再診料、指導料、処方料、検査料などの診察費もかかるので、更に高額になってしまいます。

その他にも病院での購入には、待ち時間や交通費など、通販を利用すれば不必要なものがたくさん絡んできます。特にアフターピルの場合は、避妊対策に失敗後なるべく早く服用する必要があり、通常は72時間以上過ぎてしまうと十分な避妊効果が得られないとされています。アフターピルは病院では高額なうえに購入までに非常に時間がかかることから、通販サイトを利用して購入するのがおすすめです。

先発医薬品よりジェネリックを購入した方が値段が安くなるのはもちろんですが、それを通販サイトを利用して購入すると、病院よりずっと安価でしかも楽に購入できます。